夏のボーナス調査!4割以上が夏のボーナス支給なし!?

WORK
夏のボーナス調査!4割以上が夏のボーナス支給なし!?
昨年に日本経済新聞社がまとめた2018年夏のボーナス調査によると、
全産業の平均支給額は前年比4.2%増、6年連続で増加したと報告されています。
今夏は令和の時代を迎え最初のボーナス支給となることもあり、
ボーナス増加への期待に胸を膨らませている人も多いのではないでしょうか。

今回全国で20院展開する医療脱毛専門院『リゼクリニック』(医療法人社団風林会/東京都新宿区、総院長:赤塚正洋)が実施した、
20~30代の社会人男女にボーナスの使い道や支給額、
また毎月の貯蓄額などについての調査レポートをお届けします。

「夏のボーナス事情」4割以上が支給はない!?

 (3191)

今年の夏の賞与について、いくら支給されましたか?という質問をした結果、
42.8%の人が「ボーナスの支給はない」と回答しました。
次いで「10~20万未満」が8.8%、「40~50万未満」が8.0%と
人によってボーナスの支給額に大きくばらつきがあることがわかりました。

ボーナスの支給がない業界、1位は「介護・福祉」

 (3192)

上と同じ質問の中で「ボーナスの支給はない」と回答した人の、働いている業界を調べてみました。
すると1位は「介護・福祉」の60.0%、
次いで「サービス業」54.4%、「企画・管理」40.9%となりました。
介護業界の人手不足などは、こういうところから来ているのかもしれません。

ボーナスに満足している人はほとんどいない?

 (3193)

今年の夏の賞与に対して満足していますか?という質問をしたところ、
ボーナスをもらっている割合が最も低かった「介護・福祉」の業界の方々は
満足していない割合が100%という結果になりました。
また、医療やコンサルタントの業界の方が次いで満足度が低く、
医療や介護に従事している方々の今後が心配です。

夏のボーナスの使い道は?

 (3194)

続いて夏のボーナスの使い道について質問をしたところ、
年収によって使い道に大きな違いがあることが判明しました。

年収500万未満の人の使い道TOPは「貯蓄」で、
49.6%と半数以上の方がボーナスを使うことなく貯金しているようですね。
対して年収1000万以上の方は「国内旅行」と「親孝行」に
半数以上がボーナスを使っているようです。

あなたの貯蓄額は?5人に1人が貯蓄なしと回答

 (2611)

そして、貯蓄額についての質問をしたところ、
最も多かったのは「貯蓄なし」の20.3%でした。
次いで「1万~30万」13.5%、「1000万以上」5.5%となり、
貯蓄額に関しても大きくバラけるよな結果になりました。

まとめ

いかがでしたか?
夏のボーナスを支給されていない方が4割以上であり、
業界も偏っているというのはかなり驚かれた方も多いのではないでしょうか。
業界によるボーナスの有無が今後の人手不足につながっていかないかが心配です。
使い道に関しても年収によってこんなにも差があるというのは面白いですね。

夏のボーナスの使い道はよく考えて行動しましょう!
【調査概要】
調査内容:ボーナスに関する調査
調査主体:医療法人社団真美会
調査方法:インターネット調査
調査対象:都内在住20~30代男女
サンプル:400ss
調査期間:2019年6月24日~6月25日