派遣社員が会社を選ぶ際に重視するポイントは? 派遣社員の実態調査

WORK
派遣社員が会社を選ぶ際に重視するポイントは? 派遣社員の実態調査
近年、派遣社員として働いている人々はひと昔前に比べて大幅に増加しています。
派遣社員というと、比較的短期間の労働を想定しているため、正社員として働く人とはまた違った「派遣事情」がありそうですね。

今回は、株式会社インタースペースが派遣社員として働く男女772名にアンケート調査を行った結果をご紹介していきたいと思います。

派遣先を選ぶ際に重要視されるのは、勤務地と給与

派遣社員として派遣され、就業することになる会社を選ぶ基準として、9つの条件から重要度を調査しました。
 (5300)

結果は、「給与がとても重要」と答えた割合が66.8%、「勤務地がとても重要」と答えた割合が62.5%で、「まあ重要だ」と回答した方を含めると、この2つを重要だと考えている方は9割以上いることがわかりました。


給与に関しては言うまでもないですが、勤務地に関しては、派遣社員では交通費が出ないことが多いという「派遣事情」が背景にあるのではないでしょうか。


派遣先を選ぶ条件で重要視されていないのは「キャリアアップ」

次に、「9つの条件のうち、3つだけ選ぶとしたらどの条件が重要か」という調査です。
 (5304)

給与や勤務地の割合はやはり高いですが、特に目立つのは、「キャリアアップ」と答えた割合が6.3%とかなり低かった点です。


「経歴を生かせる」も、10%を切る8.7%でした。


派遣社員として働く場合、将来のキャリアの展望よりも、今の自分にとって働きやすいか?という点が重視される傾向にあるようです。

「やりがい」も重要なファクターに

 (5307)

複数選択ではそれほど高い割合を見せなかった「業務内容(やりがい)」ですが、「一つだけ選ぶとしたら」という質問では、11.3%と給与と勤務地に続いて割合が大きいという結果になりました。


理由を聞いたところ、「自分が快適に仕事できることがもっとも重要」「自分が興味ある内容や向いてる内容の仕事じゃないとやる気も出ないし辞めたくなって続かない。」など、続けることを最重要視する派遣社員も一定数いるようです。

キャリアアップは重視しないという声が多数

 (5311)

逆に、「それほど重要視しないことは何か?」という質問では、「キャリアアップ」と答えた派遣社員がもっとも多く39.8%。次に多かったのが「経験を生かせる」で17.1%でした。


キャリアアップを重要視しない理由としては、「そもそも派遣は一時的な労働なのでキャリアアップは求めない」など、短期労働であるが故に最初からキャリアアップを期待していないという声が多かったです。


また、「経験を生かせること」を重要視しない点ついて、「今は派遣期間が3年なので、大抵の派遣の仕事は専門性が薄いと思うので必要ないと感じるため」といった、こちらも短期であるからこそ専門性が低く未経験でもできるような仕事が多いといった理由からでした。

まとめ

副業やパラレルワークなど派遣意外にも様々な働き方がある現代ですが、派遣社員を、キャリアアップを目的としない短期間の労働と捉えて仕事をしている人は多いようです。

また、会社を選ぶ条件として「勤務地」が最も重要視されているなど、派遣社員特有の事情も垣間見ることができる結果となりました。



【調査概要】
調査内容:派遣に関する調査
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社インタースペース
調査対象:派遣社員
サンプル:772ss
調査期間:2019年8月6日~2019年8月7日