今年は「おうちクリスマス」が主流!?「クリぼっち」も増加傾向に【クリスマスの過ごし方に関する調査】

SOCIAL
今年は「おうちクリスマス」が主流!?「クリぼっち」も増加傾向に【クリスマスの過ごし方に関する調査】

今年のクリスマスは平日の24日(火)、25日(水)です。みなさんはどんなクリスマスを過ごす予定ですか?

今回、LINEリサーチでは、「クリスマスの過ごし方」について調査を実施し、約58万人から回答が集まったため、その結果をお知らせいたします。

クリスマスの過ごし方は、「おうちクリスマス」が定番

24日~25日のクリスマスの過ごし方を尋ねたところ、「いつも通り自宅で過ごす」が1位、2位に「ホームパーティーをする」が入り、3位に「仕事やアルバイト」となりました。2018年の結果と同じく、クリスマスでも、自宅で過ごしたり、仕事をしたりと、いつもと変わらずに過ごすというの定番になっているようです。
 (6904)

「仕事」や「勉強」も上位に。 10代、20代のクリスマスのリアル

総合1位の「いつも通り自宅で過ごす」以外は、各世代でクリスマスの過ごし方に違いがみられました。
学生の割合が多い10代は「勉強や部活をがんばる」が28.2%、20代は「仕事やアルバイト」が32.0%となりました。
「いつも通り自宅で過ごす」と組み合わせると、1日を通していつもどおりの日常を過ごす様子がうかがえます。

30代になると、子どもやパートナーなど生活を共にする家族の影響なのか、ホームパーティーでクリスマスを楽しむ様子がうかがえます。
60代以上では、「素敵なレストランで食事」が上位にランクイン。いつもとは違う日を過ごす方もいるようです。
 (6905)

独身20代のクリぼっちが増加。平日が要因か

2018年の調査でも増加傾向だった、クリスマスに誰かと過ごす予定がない「クリぼっち」。
独身20代男女の今年のクリスマスの過ごし方は、さらにクリぼっち増加の結果となりました。

2019年のクリスマスイブ、クリスマスともに平日ということもあってか、仕事・バイト・勉強・部活などで過ごす回答が、2018年と比較しても男性は2ポイント、女性は5ポイント増加した結果となりました。
 (6906)

まとめ

いかがでしたか?
今回、クリスマスを「いつも通り自宅で過ごす」人が多数派であることがわかりました。
少し安心された方もいるのではないでしょうか?笑

混雑している都心にわざわざ出向くより、家でゆっくりしたいと考える人も少なくないようですね。
クリスマスの過ごし方も多様化しているようです。
【調査概要】
調査内容:「クリスマスの過ごし方」に関する調査
調査主体:LINE株式会社
調査方法:LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国10歳以上の男女
サンプル:587,319ss
調査期間:2019年11月22日〜11月25日