現代版、猫型ロボット?!

SOCIAL
現代版、猫型ロボット?!
「電気消して。」「冷蔵庫の牛乳がなくなった!注文しといて」「テレビ付けて」など、話しかけると、反応して操作してくれるというドラ〇もんのような優れもの…!それがスマートスピーカーです。今回、マイボイスコム株式会社は「スマートスピーカーに関する調査」を実施しました。

半数が「聞いたことあるけど、どういうものかは知らない」!

「スマートスピーカーを知っていますか。」と質問すると「知っている」と答えた人は8割弱、2018年調査より増加しています。「どのようなものか、内容を知っている」が28.7%、「聞いたことがある程度」が49.9%となっています。

 (1038)

今はまだ、なかなか実際に触れる機会が少ないのでしょうかね

何をしてくれる機械なの?

自分でスマートスピーカーを利用している人は5.5%、「自分だけで利用している(同居家族は利用していない)」が2.4%、「自分を含む同居家族で利用している」が3.1%です。「自分は利用していないが、同居家族が利用している」(1.9%)を含む、自分または家族が利用している人は7.4%となっています。
スマートスピーカー世帯利用者が利用している機能は(複数回答)、「天気予報を聞く」が50.7%、「音楽を聴く」「ニュースの読み上げ」が3~4割、「アラーム・時報、タイマーの設定」「言葉の意味を調べる、翻訳」「時刻の確認」が各2割です。「ニュースの読み上げ」は男性40・50代、「音楽を聴く」は女性で比率が高くなっています。
 (1042)

 (1043)

また、スマートスピーカー購入時の重視点としては、「本体価格」「メーカー・ブランド」が5~6割、「操作のわかりやすさ」「音声認識の精度」「AIアシスタント」が各4割弱という結果に。「大きさ」「操作のわかりやすさ」「手入れのしやすさ」「持ち運び可能」「セキュリティ」は女性高年代層で比率が高くなっています。

まとめ

これからの時代、一家に一台必須になりそうな予感…!
【調査概要】
調査内容:スマートスピーカーに関する実態調査
調査主体:マイボイスコム株式会社
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の男女
サンプル: 10535ss
調査期間:2019年4月1日~5日