ナシ婚の選択理由は「他にお金をかけたい」が48.9% “結婚式の代わり”で最も多かったのは「フォトウエディング」

LOVE
ナシ婚の選択理由は「他にお金をかけたい」が48.9% “結婚式の代わり”で最も多かったのは「フォトウエディング」
「ナシ婚」という言葉、皆さん知っていますか?

昨今では結婚した際、結婚式を行わない方が増えているそう
この結婚式を行わない結婚のことを「ナシ婚」というんです。

では、あえて「ナシ婚」を選んだ方はどんな理由があったのでしょうか。

ということで今回は、「ナシ婚」に関する調査ということで
2018年以降に「ナシ婚」をした20~30代女性にそれぞれの結婚事情を
聞いた、株式会社ウエディングパークによる調査の結果をお伝えしていきたいと思います。

結婚式をしなかった理由 約半数が「他にお金をかけたいことがあったから」と回答

 (6960)

まず「結婚の際に、結婚式を行わなかった主な理由をお選びください。」との質問に対して
「結婚式よりも他にお金をかけたいことがあったから(28.9%)」「結婚を行う資金がなかったから(47.7%)」
「まわりから注目を浴びることが恥ずかしい(いや)だから(36.9%)」「子供がいるから・妊娠していたから(36.6%)」
「結婚式を行うことに興味を感じなかったから(36.1%)」「再婚だから(13.9%)」
「タイミングを逃してしまったから(10.4%)」「パートナーの希望があったから(7.3%)」
「その他(4.4%)」という結果になりました。

TOP2はほぼ半数となり、多くの人が「他にお金をかけたいことがあった」や「資金がなかったから」という理由で結婚式を行わなかったことが、わかりました。

結婚式に対するイメージ 圧倒的1位は「お金がかかる」

 (6961)

次に、結婚式に対するイメージを聞いて見た所、上位は
「お金がかかる(78.2%)」「綺麗(60.0%)」「幸せ(59.9%)」「華やか(59.5%)」
となりました。

上位はほとんどポジティブな意見でしたが、他に圧倒的な差をつけて「お金がかかる」
が1位でした。

どれだけ綺麗でも、幸せでも、やはりお金の問題は切っても切れないようですね。

結婚式をやることをご両親から勧められた人48.9%!

 (6962)

では、本人たちではなく、ご両親はどう思っているのでしょうか。
そこで、「結婚式の報告をした際、ご両親から結婚式を上げることを勧められましたか?」
と聞いたところ、
「勧められた(19.6%)」「勧められることはなかったが、結婚式の予定は聞かれた(29.3%)」
「勧められなかったし、結婚式についての言及もなかった(49.0%)」「まだ報告していない(2.1%)」
という結果になりました。

約半数のご両親が子供の結婚式について気にしていることがわかりますね。

結婚式をしない代わりにしていることは?

 (6963)

結婚式をしないといっても、結婚の記念に何かしたいですよね。

では世の結婚式をあげていない方々は、記念に何をしているんでしょうか?
また、何もしていない方はどのくらいいるのでしょうか?
それについて尋ねたところ、上位は
「結婚指輪を購入(67.3%)」「家族・親族で食事会(52.8%)」
「記念写真・ウェディングフォト撮影(35.8%)」となりました。

「特に何も行わなかった/行う予定はない」が13.4%ということで
式はないとはいえ86.6%の方が何かしら記念になることをしているようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

結婚の形が変化しつつある今、自分にあった形をしっかりと見つけることが
これからの結婚には大事なのかもしれませんね。
【調査概要】
調査内容:「ナシ婚」に関する実態調査
調査主体:株式会社ウエディングパーク
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年11月27日〜2019年11月28日
調査対象:2018年以降に結婚し、結婚式をあげていない20~30代の女性
サンプル:618ss