社会人の結婚適齢期は”20代後半?独身を貫く人は増加傾向

LOVE
社会人の結婚適齢期は”20代後半?独身を貫く人は増加傾向
社会人にとって結婚は、人生の大きな転換期と言えます。

男女問わず、いずれは結婚して「好きな人と一緒に暮らしたい」、「子どもを産みたい」、「親に孫の顔を見せてあげたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。

結婚をする上で重要なのはタイミングです。結婚は相手がいて初めて成立するので、「お互いの家庭の事情」「経済的余裕」などによって、ベストなタイミングが変わります。また、社会人は結婚後も仕事をしなければいけないので、仕事と結婚生活の両方のことを考えて結婚しなければいけません。

それでは、社会人の理想の結婚のタイミングはいつなのでしょうか?

そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、社会人を対象に「社会人の結婚適齢期は?」とアンケート調査を行いました。

社会人の結婚適齢期は?

 (5362)

社会人を対象に、「社会人の結婚適齢期は?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。
・20代後半:51%

20代後半と回答した人が最も多く51%という結果になりました。社会人にとって20代後半は、仕事に慣れてくる時期です。そして仕事に余裕ができることによって、結婚にも目を向けられるようになります。仕事と結婚の両立を目指せる最適な時期が20代後半のため、半数以上が「20台後半」と回答したと考えれます。


・20代前半:13%

20代前と回答した人は、13%という結果になりました。この結果から、20代前半は結婚適齢期と考えている人は少ないことが分かります。一般的に20代前半は、経済的な余裕がなく相手を養うだけの収入がないので、結婚適齢期には早すぎると考えている人が多いことが考えられます。


・30代以降:18%

30代以降と回答した人は18%でした。結婚生活で重要なのが経済的余裕です。30代は20代と比べて収入が増えるので、結婚後も安定して家族を養うことができます。このような理由で30代が結婚適齢期と回答したと考えられます。


・結婚を意識していない:18%

結婚を意識していないと回答した人は、18%でした。独身貴族という言葉があるように、独身であれば働いた分の給料を全て自分が使うことができるので、同じ収入の既婚者よりも裕福に生活することができます。なので、あえて結婚しない人がいます。このように、結婚という価値観に縛られない生き方を選択する人が近年は、増加傾向にあります。

また、結婚は人生において大きな選択となるので、早いうちから結婚のことを考えることができていない人も多いようです。
【調査概要】
調査内容:社会人の結婚適齢期についての調査
調査方法:インターネット調査
調査主体:ベースメントアップ株式会社
調査対象:社会人
サンプル:166ss
調査期間:2019年10月16日~2019年10月23日