令和初のクリスマス!予定がある人は全体の3割。サンタクロースはいつまで信じてた?

LOVE
令和初のクリスマス!予定がある人は全体の3割。サンタクロースはいつまで信じてた?
本来、クリスマスはキリストの誕生を祝う日ですが、この日に意中の誰かと一緒に過ごすことは一種のステータスとなっています。。
クリスマスまで一か月を切ったこの時期、当日まで予定を立てられるかが、自身の沽券に関わる重要な時期と言えます。

そこで、今回は株式会社BookLiveが、運営する総合電子書籍ストア「BookLive!」の会員を対象に実施した「“クリスマスの理想と現実“に関する意識調査」の結果をご紹介します!

クリスマスに予定がある人は全体の3割という結果に。 自宅で過ごす「ウチナカ」が主流⁉

 (6333)

今年のクリスマスについて、自宅や友人宅でのパーティー・飾りつけ、恋人との食事といった何らかの予定があると回答した人は全体の3割ほどに留まりました。場所は「自宅」で過ごすと回答した人が全体の6割以上となりました。また、未婚の人のうち、「飲食店」「イベント会場」など”外”で過ごすと回答した人は3割程度に留まりました。今年は消費税増税とともに、持ち帰り食品の軽減税率導入などもあり、自宅での”プチパーティー”を楽しむ“ウチナカ”クリスマスが主流のようです。

「理想のクリスマス」1位は、女性「家族と過ごす」、男性「恋人とデート」で異なるクリスマス像が明らかに!

 (6337)

「理想のクリスマスの過ごし方は何ですか?」という質問に対し、女性は「家族と過ごす」、男性は「恋人・配偶者とデート」が1位となり、男女で違う結果となりました。女性は「クリスマスは家族と過ごすもの」「家族を大事にしたい」という回答が多く、大事な身近な人と一緒に過ごすことに積極的なコメントが多く見られました。一方、男性は「(自分には縁遠い)理想だから」「人肌が恋しくなるから」といった回答が多く、クリスマスに寂しさを感じる人が多いようです。
男女ともに3位には「趣味を楽しむ」がランクインしました。「自分の好きなことを好きにできるのが一番幸せ」「(他人の幸せより)まずは自分が楽しい必要がある」など、まずは自分自身の趣味を充実させることが大事、と考える人の声も見られました。ランキング上位の回答に寄せられたユーザーコメントを紹介します。
●家族と過ごす
・クリスマスというのは家族(や家族になりたい相手)と過ごすものだと思うから。(女性・30代)
・家族で過ごす時間が一番落ち着くから。(女性・30代)
・結婚前は(恋人と)デートするのが理想だったが、結婚後は家族とゆっくり過ごしたいと思うようになった。(女性・30代)
・家族を大事にしたいから。(男性・20代)
・家族団欒のイベントだと思うから。(男性・30代)

●恋人・配偶者とデート
・イルミネーションなどで街が良いムードだから。(女性・20代)
・冬は寒くて、人肌恋しい季節だし、きらびやかな雰囲気の中を、恋人と一緒に過ごしてみたいです。(女性・20代)
・全て遠き理想郷。(男性・20代)
・人肌が恋しくなるから。(男性・20代)
・まだ子どもが小さく、配偶者と2人ででかける機会がないから憧れる。(男性・30代)

●趣味を楽しむ
・自分の好きなことを好きにできるのが一番幸せ(な過ごし方)だと思うから。(女性・20代)
・混んでるのでどこにも行きたくない。(女性・30代)
・(他人の幸せより)まずは自分が楽しい必要がある。(男性・20代)
・人の多いところに行くのが億劫だから。(男性・30代)

クリスマスプレゼントにもらって嬉しいプレゼントNo.1は?女性はクリスマスシーズンの限定モノ、男性は実用的なものが大人気!

 (6343)

「クリスマスにプレゼントされたら嬉しいもの」について、女性は「ジュエリー・アクセサリー」が1位、次いで「コスメグッズ」となりました。1位の「ジュエリー・アクセサリー」については、「毎日身に着けられるし、(クリスマスにもらうと)特別な感じがする」というコメントが多く集まったほか、クリスマス限定デザインのものが欲しい、といった声も寄せられました。また、2位の「コスメグッズ」についても、「ジュエリー・アクセサリー」同様にクリスマスシーズン限定で販売されるクリスマスコフレの人気が高く、「友人へのプレゼントに考えている」という回答も見られました。
一方、男性は「実用的かつ、自分ではなかなか購入に踏み切れない」「その後1年使える物がいいと思う」など、実用性を重視する声が多く集まり、「家電」が1位という結果になりました。また、男性の3位には「本」がランクインしており、「家で過ごす時間が長くなる季節だから」と”ウチナカ”クリスマスを志向するコメントもありました。

クリスマスプレゼント予算の価格帯、女性は6千円台以下が半数、男性は1万円台前半が最多

 (6352)

クリスマスプレゼントの予算について、女性は「3,000円~4,999円」の価格帯が最も多く2番目が「5,000円~6,999円」でした。0円~6,999円の価格帯の合計が51.6%となり、過半数という結果になりました。一方で「予算は決めていない」という人も多く、18.2%となりました。女性は「家族」へのプレゼントを考えている人が多く、特に「子ども」のために「ぬいぐるみ」や「おもちゃ」を予定している人が多いようです。
一方、男性は「1万~1万4,999円」が最多で21.2%、「2万円以上」という回答も全体の1割ほど見られました。こちらも「家族」へのプレゼントを予定しているという回答が多く集まったものの、「配偶者」へのプレゼントとして予算を高めに設定している傾向が見られました。

「サンタクロースを信じていた年齢」、男性より女性の方が信じていた年齢が高めの結果に

 (6357)

「いつまでサンタクロースを信じていましたか?」という質問に対し、女性は「小学校入学前」から「小学1~2年まで」が48.1%でしたが、男性は60.9%という結果になりました。女性は「小学3~4年まで」という回答が最も多く、33.4%となりました。男性よりも女性の方が、サンタクロースを信じていた期間が長い傾向があることが分かりました。愛娘のためにサンタを長く演じ続けたいと思う父親が多いのかもしれません、ね!

また、「サンタクロースがいないと気付いたきっかけ」について、「自分で気付いた」という回答が最多となりました。「親がプレゼントを用意するところを見てしまった」も3位にランクインしており、年月を経るごとにサンタクロースを演じる方もだんだんと気を抜いてしまうのかもしれません。
【調査概要】
調査タイトル :“クリスマス”に関する意識調査アンケート
調査主体:株式会社BookLive!
調査方法:インターネット調査
調査対象 :過去半年以内にマンガジャンルの作品を購入したBookLive! 会員
有効回答数:1,126人(20~30代 男女)
調査期間 : 2019年11月8日~11月12日