医師が明かす ストレスに強い人、弱い人の決定的違い【後編】

LIFESTYLE
医師が明かす ストレスに強い人、弱い人の決定的違い【後編】
前編では、ストレスに弱い人と強い人の違いがどこにあるのかを解説しました!


そのポイントの1つが、合理的に考えられるかどうかにあります。
精神科産業医の吉野聡さんは、物事の感じ方・捉え方はトレーニング次第で変えることは可能だと話します。


今回は、ストレスに強くなるための習慣を引き続き紹介していきます!
今回のキーワードは、「SOC」と「ルーティン」です。


心を病まないためのポイント「SOC」

 (4053)

大きなストレスがかかる出来事に遭遇した時、心を病まないためのポイントとなるのが、「SOC(Sense of Coherence:首尾一貫感覚)」だと吉野さんは話します。


第2次世界大戦中にアウシュビッツなどの強制収容所で過ごし、その過酷な環境を生き抜いた人たちを調査した研究があり、生還者の中には、理不尽かつ過酷な環境にも関わらずストレスに打ち勝ち、健康で長生きした人もいたそうです。


彼らの共通点を米国の医療社会学者が研究して提唱した概念が「SOC(Sense of Coherence)(首尾一貫感覚)」(図1)なのです。
 (4050)

SOCには、「有意味感」(=チャンスを見いだす思考)、「把握可能感」(=俯瞰[ふかん]&段取り思考)、「処理可能感」(=楽観思考)という3つの感覚(思考)があります。


「これらを日々意識すれば、SOCの力は少しずつ鍛えられます」と吉野さんは話します。

平常心を養う効果が期待できるルーティンとは?

前向きに考え、ストレスに強くなる3つめの習慣として吉野さんが挙げるのが、平常心を養う効果が期待できる「モーニング・ルーティン」です。
 (4055)

40代になっても世界の第一線で活躍し続けるイチロー選手のルーティンは有名ですね。


吉野さんがある大手外資系企業に勤めるトップセールスマンに話を聞いたところ、彼は毎朝、始業時間の30分前に出社し、決まったルーティンを実行しているといいます。


「毎日同じことを繰り返せば、『今日は何しようかな』と考える必要もなく、余計なことにエネルギーを注がずに仕事に取りかかれます。スポーツ選手で言えば、競技に挑めるウオーミングアップが完了するんです。精神を安定させ、コンディションが整えば、大事なプレゼンといったプレッシャーのかかる仕事に挑みやすくなります」


「集中モードに入りやすくなることで労働生産性も上がるでしょう。毎日同じ行動を繰り返せば、自身の体調や気分の変化にも気づきやすくなる。もちろん、上司・部下や顧客に邪魔されずに仕事を片付けられることも『モーニング・ルーティン』のメリットだと思います」と吉野さんはいいます。

モーニング・ルーティンを行う3つのメリット

(1)一番いいコンディションで仕事に取りかかれる

ベストコンディションになるための準備をルーティンに取り入れれば、「何をしようかな?」と考えるムダな時間を省き、おのずと一番いい状態で仕事に取りかかることができます。
仕事モードに切り替わる「気持ちのスイッチ」の役割も果たし、集中モードに入りやすいので、仕事の生産性も上がりやすいのです。


(2)平常心を養う

毎日同じ行動を繰り返すことで「これさえやれば大丈夫」といった心の安定につながり、平常心を養うことができます。


(3)体調不良など小さな変化に気づく

ささいな体調の変化に気づきやすくなり、「大事な仕事はBさんと分担してミスを防ごう」といった対策を考えることができます。

結果を出す人は、何らかのルーティンを持っている!

結果を出しているビジネスパーソンは、何らかのルーティンを持つ人が多いと吉野さんは言います。「時間の使い方」や「能力の高め方」には力を注ぐ人が多い。そこに、ルーティンなどで「コンディションの整え方」を意識することを加えれば、さらにプレッシャーやストレスに負けない心を鍛えられるはずと吉野さんは話します。


【ベストなモーニング・ルーティンを作る3つのコツ!】

(1)ベストな状態で仕事に取りかかるには何をすべきか考える。
(2)限られた時間内で、合理的な行動を考える。
(3)特別なことはしない。
 (4061)

まとめ

いかがでしたでしょうか。ストレスを排除することはできないにしても、上手に対処してうまく付き合っていけるようになれたら、毎日がうんと楽に感じられますね。

【前編】の記事はこちらからご覧いただけます。
◆◆◆吉野聡さん◆◆◆

吉野聡産業医事務所代表・新宿ゲートウェイクリニック院長、精神科産業医。2003年筑波大学医学専門学群卒業、2007年筑波大学大学院人間総合科学研究科修了。東京都知事部局健康管理医、筑波大学医学医療系助教・付属学校教育局統括産業医などを経て、2012年吉野聡産業医事務所を設立。50社以上の企業の産業医として従事。『「職場のメンタルヘルス」を強化する』(ダイヤモンド社)など著書多数。


【参照記事】
掲載元:NIKKEI STYLE
URL: https://style.nikkei.com/article/DGXMZO21776670S7A001C1000000?channel=DF140920160927