【読書手段は紙or電子】紙の書籍で読む派が大多数だが、4年間で電子書籍派の微増続く

CULTURE
【読書手段は紙or電子】紙の書籍で読む派が大多数だが、4年間で電子書籍派の微増続く
あなたは読書をするとき、紙派ですか?それとも電子書籍派ですか?

株式会社クロス・マーケティングは、一都三県(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)に在住する15歳~69歳の男女を対象に「読書に関する調査(2019年版)」を実施しました。

ここ数年、読書習慣は減少傾向

読書習慣の有無を聞いたところ、2015年調査時点では「読書習慣あり」と「読書習慣なし」が約半数ずつだったが、2017年調査時点で「読書習慣あり」が2015年の50.8%から39.4%と減少。

今回の2019年調査では「読書習慣あり」が39.8%と2017年からほぼ横ばいという結果となりました。
 (5334)

「読書好き」は7割。

読書が好きか嫌いかの好意度を聞いてみると、2015年・2017年・2019年とも「読書は好き」が多いことが判明。

2015年から2017年にかけて「読書が好き」と回答した人は減少しましたが、2019年調査ではわずかに増加。

読書を頻繁にするような“習慣化”には至ってないが、読書自体は好きという層の存在が見られました。
 (5336)

書籍派 > 電子書籍派が多い!

読書の手段では2015年から今回まで変わらず「主に紙の書籍で読む」という紙の書籍派が大多数を占めてることがわかりました。

しかし、今回初めて紙の書籍派の割合が9割を切り、「主に電子書籍で読む」という電子書籍派が2015年調査からの4年間でわずかに増加。
2015年の調査以降、少しずつですが電子書籍派の割合が増えてきていることから、今後も伸びていくことも予想されます。
 (5338)

若年層ほど読書数増加!

1年前と比較した読書数の変化を年代別に見ると、
男性15歳-19歳・女性20‐29歳の「増えた」の割合が高く、若年層の読書数増加が目立つ結果となりました。
 (5340)

【調査概要】
調査内容:読書に関する調査
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社クロス・マーケティング
調査対象:一都三県在住15~69歳男女
サンプル:1200ss
調査期間: 2019年10月11日~14日