<20~30代の社会人1,000人に聞いた>「同期にいたらうれしい芸能人ランキング2019」

CULTURE
<20~30代の社会人1,000人に聞いた>「同期にいたらうれしい芸能人ランキング2019」
総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、20~30代の働く男女1,000人を対象に、「同期にいたらうれしい芸能人」について、オリコン・リサーチ株式会社と共同で調査を行いました。その結果をお知らせいたします。

男女共通で上位にランクインしたのは、綾瀬 はるかさんとマツコ・デラックスさん

男性が選ぶ「同期にいたらうれしい芸能人」トップ3は、

1位新垣 結衣さん
2位石原 さとみさん
3位イチローさんでした。

1位の新垣 結衣さんを選んだ理由は、「癒される」「仕事を頑張れそう」という回答が多く集まりました。
女性が選ぶ「同期にいたらうれしい芸能人」ランキングトップ3は、

1位櫻井 翔さん
2位吉高 由里子さん
3位天海 祐希さんでした。

中でも、2位の吉高 由里子さんは、「定時に帰る習慣をつくってくれそう」など、ドラマの影響を強く受けた回答が目立ちました。控えめながらも自分の意見をはっきり述べる役柄が、女性の共感を得て2位という結果になったようです。
トップ10にランクインした芸能人は男女でばらつきがありましたが、
綾瀬 はるかさん(男性4位/女性8位)、マツコ・デラックスさん(男性4位/女性6位)の2人が男女共通で上位に選ばれました。
綾瀬 はるかさんは、「明るくて和む」「何でも一生懸命にやってくれて、その姿に励まされそう」など、モチベーションを上げてくれる存在という声が目立ちました。
マツコ・デラックスさんは、「悩みを聞いてくれそう」「客観的な視点で仕事に気づきを与えてくれそう」と、的確なアドバイスや率直な意見を期待しているというコメントが多く集まりました。
 (6814)

 (6815)

<調査概要>
・対象者:20~30代の働く男女(パート・アルバイトを除く)
・調査主体:転職サービス「doda」/オリコン・リサーチ株式会社
・回答人数:1,000人(男性:324人、女性:676人)
・調査手法:インターネット調査
・調査期間:2019年6月17日~6月21日