美容師に聞いたヘアドライヤー選びのポイント、第1位は断トツで「○○」

BEAUTY
美容師に聞いたヘアドライヤー選びのポイント、第1位は断トツで「○○」
近年ヘアドライヤーの高級化傾向が高まる一方、さまざまなメーカーからたくさんの製品が発表され、ヘアドライヤーひとつを選び抜くのもひと苦労ですよね。

では、美容師さんはいったいどのようにヘアドライヤーを選んでいるのでしょうか?
そこで、ビューティーエクスペリエンスでは、現役美容師81名を対象に、ヘアドライヤー選びのポイントについて調査を実施しました!

美容師によるヘアドライヤー選びのポイント、第1位はダントツで「風量」!

美容師さんがヘアドライヤーを選ぶポイント第1位は、なんと80%とダントツで「風量」という結果に。第2位は「軽さ」で約40% でした。第3位は僅差36% で「風温」、第4位に「価格」で33%と続いています。


今回の調査結果から、多機能な製品が増える中でも一番求められるのは、髪を乾かす際の基本となる機能であり、髪を乾かす要素で特に重要なのは「風量」ということがわかります。風量が少ないと、乾くのに時間がかかります。水に濡れた状態ではキューティクルが開いてしまっているので、髪内部の栄養やケア成分も外に出てしまいます。また風量が少ないせいで長時間熱風にさらされると熱ダメージを受けやすく、髪が傷む原因となってしまいます。髪を早く乾かすことができる、風量が強いヘアドライヤーが選ばれるというのも納得の結果です。
 (6164)

美容師が自宅で使っているヘアドライヤーの気になるお値段 1位は 「5,000 円~ 1 万円」

現役美容師さんのヘアドライヤー選びの基準に関する調査結果からは、前述のトップ4 「風量」「軽さ」「風温」「価格」に加えて、 5位以下に挙がった「イオン発生効果」「ヘッドマッサージ効果」「耐久性」も重要なファクターであることがわかりました。


髪の健康やツヤを守るために、短時間で乾かすには、まず「風量」。そしてヘアドライヤーを短時間で楽に取り扱うための「軽さ」、熱をコントロールしながら髪へのヒートダメージを抑えるための「風温」は、ヘアドライヤー選びに関わる根幹と言えるかもしれません。しかし機能がそろっているヘアドライヤーは高い、という悩みもつきません。


今回美容師さんが自宅で実際に使っているヘアドライヤーの価格帯について調査したところ、第1位は、気軽に購入できる 5,000~10,000 円のもので、全体の37% を占めていることがわかりました。第2位は、ヘアマッサージ機能など付加価値のついた 20,000円以上のハイエンド価格帯と言えるヘアドライヤーで、全体の27% 、第3位は 10,000~20,000 円の中価格帯のヘアドライヤーで、美容師の自宅使いとして支持されていることがわかりました。


短時間で髪にダメージを与えず素早く乾燥でき、軽くて耐久性のあるヘアドライヤーを選ぶことは自己投資につながります。ヘアドライヤー選びは、速乾性、温度コントロール、アタッチメントの充実、ドライ以外の機能など、何を重視するかによって様々な選択肢が広がります。
 (6167)

美容師も憧れる“髪美人”な女性芸能人ランキング第1位は「北川景子」

“髪美人”な女性芸能人について、同社の過去調査では黒髪が似合う芸能人として黒木メイサさん、仲間由紀恵さんが挙げられました。
今年も彼女たちもランクインはしていますが、今回の調査では、美容師が憧れる女性芸能人“髪美人ランキング”として、第3位に新木優子さん、第2位は安室奈美恵さん、という結果となりました。


第3位の新木優子さんは、素敵なロングヘアがトレードマークの今が旬のファッションモデル&女優さん。数々の CM でもおなじみです。第2位の安室奈美恵さんは、 2018 年秋に惜しまれつつ引退されましたが、デビュー直後からファッションリーダーとして常に時代をリードしてきたアイコン。引退してもなお、そのヘアスタイルやファッションは人々を魅了し続けていることがうかがえます。


そして今年、「髪美人女性芸能人 第1位」に輝いたのは、洗練されたクールな美しさが際立つ北川景子さん!
北川さんといえば、なりたい顔ランキングやクールビューティー・ランキングでも常に上位に名前が出てくる「ザ・美人」な女優さん。
先日、 2021年公開予定の主演映画で役作りのためにショートヘアにし、話題になりました。ロングでもショートでもその髪の美しさが際立つ北川さん、引き続き、世の女性の憧れの対象となりそうです。
 (6170)

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査主体:ビューティーエクスペリエンス
調査期間:2019年9月1日〜2019年9月30日
調査対象:美容師
サンプル:81s