30代の働く女性に調査 スマホの利用に要注意!長時間利用は目もとのシワを増進させる傾向に

BEAUTY
30代の働く女性に調査 スマホの利用に要注意!長時間利用は目もとのシワを増進させる傾向に
皆さんは1日にどのくらいスマホを使いますか?

スマホ依存症という言葉もあるくらい、スマホは人々の生活に必須なものになっています。
一方、近距離で画面を見ることから毎日の目の負担はそれなりのものです。

そこで今回は、そんなデジタル社会に生きる30代女性たちの
目元に関する調査を見て行きたいと思います。(株式会社カネボウ化粧品調べ)

30代働く女性、スマホの1日平均使用時間は4時間54分

 (5242)

 普段からスマートフォンを使用している30代の働く女性197人に
webやアプリを見ている時間を過去7日分レポート提供してもらいました。

 集計した結果、1日のスマホ使用時間は「5時間未満」(23.4%)と
「6時間未満」(24.9%)が多く、平均で4時間54分となり
1日6時間以上スマホを使用する30代女性が2割(20.3%)を占めています。
 (5244)

次に、スマホの使用実態や意識について聞きました。
 まず、スマホを使うタイミングを聞くと「自宅でくつろぎ中」(88.3%)が最多で
次いで「寝る前の布団の中」(77.2%)、「起床後すぐ」(71.1%)
「通勤中」(44.7%)となっています。

「食事中」(28.4%)も3割近くがスマホを使い、「トイレ」(24.4%)や
「入浴中」(12.7%)までもスマホを使用している女性がいるという結果に。
 (5246)

スマホに対する実態を聞くと、「ちょっとした隙間時間でも見てしまう」(90.4%)「つい長時間見てしまう」(88.8%)が約9割を占め、働く30代女性の9割以上が「スマホは手放せない(91.9%)と感じています。働く女性にとって、もはやスマホは欠かせないツールになってきているようです。

30代働く女性の目もとの悩みと“うつむきジワ”

 (5249)

普段からスマホを使用している女性に、目もとの悩みを聞くと
「目もとの悩みは特にない」と答えたのは12.7%で
残りの87.3%が何らかの目もとトラブルを抱えています。

具体的には「くまが目立つ」(49.2%)、「小ジワ・シワがある」(41.6%)、「かさつく・乾燥する」(34.0%)などが挙げられました。

 この結果を[図1]のスマホ使用時間「5時間未満」108人と「5時間以上」89人でみると
[図4-2]の通り、5時間以上の人の方が目もとトラブルが多く
「小ジワ・シワ」では8ポイントも悩みが多くなっています。
 (5251)

次に、スマホの使用によりうつむく機会が増えたかと聞くと
87.3%が「うつむく機会が増えたと思う」と答えており
スマホ使用時にうつむくことによって生じる目もとのシワ“うつむきジワ”について
目もとへの影響を8割以上が「心配」(83.2%)しています。

この心配度をスマホ使用時間別で見ると、
スマホ使用時間5時間未満では「とても心配」29.6%に対し
5時間以上になると37.1%に増えています。

やはり、スマホ使用時間が長い方が、“うつむきジワ”への心配度も高くなると言えそうです。

30代働く女性の目もとケアの実態

 (5254)

前述の[図4-1]の通り、彼女たちの87.3%が何らかの目もとトラブルを抱えています。
目もと専用の化粧品を使って、普段から目もとケアをしているかと聞くと
「毎日している」と答えたのはわずか15.2%しかおらず
54.3%と半数以上が「ほとんどしていない」と答えています。

しかし、目もとケアに全く関心がないわけではないようで
目もとケアに特化した化粧品に興味はあるかと聞くと
4人に3人(75.6%)が「興味がある」と答えています。

【参考資料】スマートフォン使用時のうつむき角度で出現する「うつむきジワ」について

 (5256)

スマートフォン使用時のようにうつむき角度になると
正面向きでは見られなかったシワが目の下を中心に現れます。

このうつむきジワが繰り返されることにより、深いシワとして定着してしまう可能性があるのです。

このうつむき角度によるシワ「うつむきジワ」によって
目もとが疲れた印象に見えるだけでなく
目もと年齢が約5歳老けた印象になってしまうのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

文明が進むとともに複雑化してきたストレスは、現代人の身体を着々と蝕んでいます。
特に、目から入る情報が多様化し量も多くなっている今、目には大変なストレスがかかっています。

しかし、目元の状態は人からの印象に強く影響を与えます。
なので、こんな時代だからこそしっかりとした若々しさを保つために
目元をしっかりケアしておくことが大切だということがわかりますね。

【調査概要】
調査内容:目元に関する意識調査
調査主体:株式会社カネボウ化粧品
調査方法:インターネット調査
調査対象:スマホ使用の30代働く女性
サンプル:197ss
調査期間:2019年7月25日〜2019年7月31日